FXトレーダー 夏目の ポンド円 攻略日記

最近はラインを駆使してポンド円を中心に相場の流れを分析して取引しています。最強のトレーダーを目指して。

絶対に知っておいて欲しいローソク足の成り立ち

f:id:Natsume0:20160517143026j:plain

今回はローソク足の成り立ちについて

説明していこうと思います。

ローソク足1本の動きだけで

今がどんな状況なのか?

これからどう動くのか?など

ローソク足から分かる事は

たくさんあります。




これを理解している事により

エントリーのタイミングを

掴みやすくなったりします。

細かい部分ですが知っておいて

FXにおいてマイナスになる事は

無いですしプラス要因は

結構あるので知っておきましょう。




上の画像をローソク足

呼びますがローソク足

選ぶ時間により足の形成時間が

変わってきます。

5分足なら5分かけて

ローソク足を形成しますし

1時間足なら1時間かけて

ローソク足を形成します。




ではその時間の中で

ローソク足の何を見れば

いいのか説明していきます。

まず上の画像のように高値 下値が

その時間内で動いた

ローソク足の軌跡です。




ローソク足の1本の時間内の

動きのパターンですが

ほとんどが今から説明する

パターンで動いています。

仮にこれから陽線を形成すると

仮定した場合次のような

動きになります。




まずはローソク足が逆行して

陰線をつけます。

そして逆行から反転して

ヒゲになり陽線となり

ローソク足後半では

その陽線の伸びが弱くなり

上髭をつけて次の足へと

いった流れです。

f:id:Natsume0:20160517145545j:plain

これは人間の人生に例えると

理解しやすいかもしれません。

全員が一概にそうと言えませんが

若い頃はグレたりなど

反社会的になったりします。




そうして社会人となり

一番勢いのある時に

バリバリ働きます。

そうして老いてくると

勢いもなくなり静かに最後を迎えます。




このようにローソク足

人生に例えると分かりやすいです。

これを理解していると

どの時間帯でエントリーするのか?

これはけっこう重要なのが

理解出来ると思います。




今の説明だと特に危ないのが

後半です。

後半は今も説明したように

勢いがありません。




なので後半の勢いが無い所で

エントリーしても思っている方向とは

反対に動き、結果損を生み出してしまう

可能性が高くなってしまいます。

この事からローソク足の動きと

時間を気にしながらエントリーすると

自分が思った方向に伸びるエントリーを

うまく掴む事が出来ます。




なのでローソク足を見ている時に

今はどのような状況なのか

読み取っていきましょう。

それを意識するだけで

エントリーが上手くなるはずですので^^