読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXトレーダー 夏目の ポンド円 攻略日記

最近はラインを駆使してポンド円を中心に相場の流れを分析して取引しています。最強のトレーダーを目指して。

ネットのFX情報はけっこういいかげんな話 事例:三尊ヘッドアンドショルダー

夏目です。

今回はネットのFX情報をテーマに

書いていこうと思います。

ネットに溢れているFX情報は基本的な事が

書かれていますがその基本が間違っていたり

これはないだろ。という情報が沢山溢れています。

 

 

ちょっとありすぎて精査出来ないので1つ

事例をあげます。

例えば山尊(ヘッドアンドショルダー)ってありますよね。

簡単に言えば3つの山を作って相場が反転するパターンです。

画像で簡単に表すならこんな感じ。

f:id:Natsume0:20161101103635p:plain

ここまでの説明はどのサイトも

似たような事を言っているので

大丈夫なのですが(絵だけなので当たり前ですが)

これを相場に当てはめた時に

おかしな事を言う人がかなり多くなります。

特に多いのが勝手なマイルールを作る人。

 

これは三尊と見ます。これは三尊ではありません。とか

言ってるのを見ますが見ただけで

この人相場を見れていない人なんだなと

すぐに分かってしまいます。

 

いくつか間違った情報を書いていくので

これに当てはまる事を言っている人がいれば

まず信用しない方がいいです。

情報としてはかなりいいかげんな事を言っているので。

 

大きく分けるとこの2通り

 

①山尊の形によって三尊を定義する人

まずこちらですがドン引きするくらい相場が見れていません。

三尊の形によって三尊定義しないものはありません。

左肩より右肩が高いからこれは山尊じゃないとか

ネックラインを割ってないから山尊じゃない。とか

色々言っているパターンは沢山あります。

ですが全て山尊で正解です。

なので勝手に山尊を定義付けしている人は

相場に対して理解が足りません。

 

ただ山尊で気を付けなければいけない事は

三尊には三尊崩れが存在するという事。

その三尊崩れになりやすいパターンは

存在しているので三尊崩れと山尊として

しっかり転換しているパターンを

分析していくと色々発見があるでしょう^^

 

 

②角度のついた三尊を三尊として認めない人

これは非常にもったいないと思っています。

角度のついた三尊を認めない人は

きっと相場に対して取りこぼしが

相当多くなっていると思います。

というか絶対取りこぼしが多くなっています。

 

これも結局自論で山尊を

勝手に定義しているのですが

この2つの事例で共通している事は

自分本位で相場を見ているだけで

相場の原理で相場を見れていないという事です。

 

相場がこういう原理だから山尊はこうだよね。

だから三尊は反転するよねとか。

そういう所まで説明出来ないとダメです。

ちなみにこういう部分で大衆心理を

言うのもありですが実はそれだと足りない。

テクニカル的にどう説明出来るかがミソになって

くるんですね!

そういう事に気付けたら

世の中のいいかげんな情報に

気付けるようになると思いますよー^^

相場主体という言葉を

念頭に相場を見るようにしてみて下さい♪