読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXトレーダー 夏目の ポンド円 攻略日記

最近はラインを駆使してポンド円を中心に相場の流れを分析して取引しています。最強のトレーダーを目指して。

FXで中々結果が出ない人がやるべき相場分析を細かく説明してみた。

f:id:Natsume0:20170131135032j:plain

こんにちは夏目です。

今回はFXで中々勝てない人がやるべき相場分析について

説明していこうと思います。

それぞれに相場の見方があるので僕自身の相場の原理から見る

方法についてはコンサル生にのみお伝えしているのでここでは

割愛しますがどういう風に相場分析すればいいのか?

  

 

それを今自分が行っている相場分析をベースとして

行える事を書いていこうと思います。

今から説明する事を分かって検証すると

新たな発見があると思います

僕自身FXに関わってきて勝てるようになったきっかけが

相場の流れを把握し始めてからFXで勝てるようになりました

 

 

1口に相場分析と言っても色々なやり方があるので

一概には言えませんが相場の流れを読む事でトレードの精度は

間違いなくどのやり方でも上がるはずです。

ではその相場の流れをどのように自分のやり方で分析していくのか

説明していきます。

 

 

まず相場の流れを把握するという事は

現状相場が上に上がりやすいとか 下に下がりやすいという判断をして

その方向でどのポイントでエントリーしようか考えるような形になります。

なので大きな流れに乗るためトレードの精度が間違いなく上がるようになります。

渋谷のスクランブル交差点を例にすると分かりやすいと思います。

そして相場で言ってる事はこういう事と全く同じです。

ではまずスクランブル交差点の画像を見て下さい。

f:id:Natsume0:20170131124455j:plain

 

もうわちゃわちゃしていて人が多くてよく分からない状態ですよね。

ではこれを引いて全体を見たらどうなるでしょうか。

それがこの画像

 

f:id:Natsume0:20170131124611j:plain

 

引いてみるとどのようにして人が流れているのかよく分かります。

このようにも同じで近くだけ見ていても分からない事の方が多く

引いて見て初めて分かる事が多くあります

ではこのままこれを相場だと思って見ていきましょう。

 

f:id:Natsume0:20170131125222j:plain

 

 

この写真を見て例えば右から左に抜けようと思った時

中心に人が集まっている箇所は流れがぶつかっている箇所なので

流れが生まれていないので中々自分が思った方向に進む事が出来ません。

ですが緑のエントリーしたい箇所ではすでに流れが出来ている箇所なので

自分が思った方向に行きやすくなっています。

 

 

相場でも同じようにロングに行きやすい相場状況になっていたり

ショートに行きやすい相場状況になっていたりします。

なので今の画像のように相場の流れを把握してその方向で戦略を立てると

今までより精度高く相場を読み取る事が出来るのです。

今の画像のように近くばかり見ていても何も分かりません。

 

 

ですが引いてみる事によって流れが見えてくるようになります。

それに付け加えて僕が前回の記事でスマホによるトレードは損を生む話を

したのはこれが大きく関わってきています。

 

natsumenofx.hatenablog.com

 

 

では僕の意図が分かってもらえた所で実際の相場を見ていきましょう。

それぞれのやり方でロングだとかショートだとか判断しますよね?

それを大きい時間軸の足 もしくは相場を大きく見て同じような

分析をしていきます

 

このやり方!という感じで限定していませんので説明がザックリしますが

自分のやり方をこれをベースにして取り入れてみて下さい。

f:id:Natsume0:20170131132329p:plain

 

まず見るとここでは相場が上昇しています。

ここはそのまま上がっています。

もちろん押しを作って上昇を作っていれば上昇トレンドだなと判断出来ます。

まぁここの場合は左側があるので上昇トレンドではないのですが

この部分だけを切り取って今回は説明していきます。

 

 

ではここの上昇を小さい足で細かく見ていきましょう。

15分足で見るとオレンジの範囲が1時間で見た時の上昇です。

ちょっと入りきりませんが15分だとこのような上昇を作っています。

f:id:Natsume0:20170131133118p:plain

 

ではここで当然ロングを狙うわけですがそのポイントの見定めで

手法を扱うようになります。

なので相場の流れを分かってどちらに相場が流れやすいと分析した上で

手法を扱って相場の波にのっていくのが精度を高く取引するコツです。

 

 

もちろんこの中にはレンジになりやすい相場状況も入ってきますので

その状況の時はむやみに取引しないという判断が出来るようになります。

 かなりザックリした説明になってしまいましたがこれをしっかりした物に

するために検証があります。

 

 

この状況の時は上がりやすい この状況の時は下がりやすい

 

これが検証で分かるようになればトレードの精度は間違いなく上がるようになります。ぜひ相場がどちらに流れやすいのか検証分析してみて下さい

必ずトレード成績が上がるようになるはずです^^